ひとり猫旅日記

毎日の小さな旅を思いつくまま…

20180617(日曜日) ニチニチソウとベゴニアとアイビーの寄植+コスモス


f:id:hitorinekotabi:20180617112159j:image

 

「猫😾だって歩けば棒に当たる日記」

 

昔、うすい桃色の花が大好き!

とおっしゃっていた方が、いました。

 

その花を、草刈り寸前に救いだして、マイ畑(花壇?)の花とちっちゃな花束につくって、あげました。

 


f:id:hitorinekotabi:20180617112538j:image


f:id:hitorinekotabi:20180617112647j:image

f:id:hitorinekotabi:20180617112446j:image

 

そうしたら、なんと、こんな豪華な寄せ植えに化けて帰って来ました( ゜o゜)

 


f:id:hitorinekotabi:20180617112159j:image

 

ニチニチソウとベゴニアは、その方の優しい明るさにピッタリで、アイビーは、なんと、いつかは植えたい!!!と思っていた、白い斑入りの若苗でした。

 

わかっていたかのよう。

 

ちなみに、その方のお名前は、盛岡には二人しかいない、私😾の同級生と同じ。

 

そして、同級生の方も、うすい桃色の薔薇🌹が大好きで、そのうち我が棲み家にその薔薇🌹を見に来ると言っていました。

 

ご縁とは、本当に、不思議です。

 

ともかくも、ありがたやありがたやm(_ _)m

 

追伸

美味しかったマンゴーの種、ちっとも芽がでません。

 

やっぱり、盛岡では、無理なのかな。

 

でも、まだまだあきらめません。

 

ただ、アスファルトから発芽していたコスモス苗をその上に植え込んで、どうなっても寂しくないようにしました。

 

空はとってもきれいです。

 


f:id:hitorinekotabi:20180617112435j:image

 


f:id:hitorinekotabi:20180617112812j:image