ひとり猫旅日記

毎日の小さな旅を思いつくまま…

7月2日(月) ストレッチ教室で学んだこと in 盛岡


f:id:hitorinekotabi:20180702140338j:image

 

猫😾だって歩けば棒に当たる日記…

 

久しぶりにストレッチ教室に参加しました。

私😾はアタマも運動神経も良くないので、何回聞いてもなかなかアタマに入りませんし、ナマケモノなので棲み家でもやれません。

 

今日、先生にお聞きした内容から、皆さまへお伝えできることは3つ。

 

鼻でゆっくりと呼吸をする。その際に、おなかが引っ込むように息を吐き、次は、膨らむように息を吸うこと。(くびれがなくなった同士の方々に役立ちそう。)

 

人と比べなくてもよい。自分は自分。(そう思っていてもできない私😾にとって、赦してもらえるような言葉。)  

 

無理はしない。(自分で意識していなくても、つい、力が入り過ぎて前傾姿勢になりがちな私😾みたいな方々、呪文を唱えましょう!)

 

指示に従って息を吐きながら、ゆっくりと身体を伸ばしていると、気功やヘルシー・ノルディックウォーキングと重なる部分が見えてきます。

 

日頃使わない、あるいは普通意識していない部分を意識して伸ばす(刺激をあたえる)。そして、全身(ココロも含めて)の流れをスムーズにして、働きを整える…。

 

やはり、たくさんの方々に支持されて広まっていく活動には、確かに、何か共通する「価値」があるのだろうと感じた1時間でした。

 

ついでに、余計なことですが、以下のようなことも学びました。

 

「良い指導者の条件」

 

1  常にブレない目標をもち、伝え続ける。

 

2  ひとりひとりの状態を的確に把握し、それに適した個別の対応をしつつ、平等な距離感をもって接し、全体レベルを向上させる。

 

3  たまにわざと間違ってみせて、皆をリラックスさせ、内発的動機付けをはかる。

 

ストレッチ教室には、老若男女たくさんの動物達が参加し、私😾の昔の知り合いにも会えました。

 

ずっと気にかかっていたので、会えて良かったです。

 

ただ、我が棲み家に帰って来たらお昼を過ぎていて、もっと近ければ毎日でも通うのになあと残念でした。

 


f:id:hitorinekotabi:20180702142024j:image