ひとり猫旅日記

毎日の小さな旅を思いつくまま…

叔母叔父のお見舞てんてこ舞 by ひとり旅猫😾

 

f:id:hitorinekotabi:20180902042021j:image

 

「ヤバい!!!」

私はあせった

 

数日前

私が母の見舞い帰りの新幹線で

いつものようにだらだらと

ヘンテコブログを書き散らかしていたら

 

弟から電話があり

叔母2人叔父1人が

いわきから郡山までお見舞いに来るという…

 

ちなみに

母は

「女女女男」の4人姉弟の長子

 

1番上の母と

1番下の叔父とは

ちょうど12歳違いのねずみ年

 

そして

その12歳下のねずみ年が私

(だから、昔、叔父と私は兄妹みたいな感じ)

 

それはまあ良いとして

 

問題なのは

我が家以外は全て

誰かしらが医師になっている

医師一族である…ということ

 

だから

母以外の方々は皆

良いものを着て

良いものを食べ

良い暮らしをしている

 

そんな方々が

ぞろっとお見舞いにいらしたら…

 

家族に誰一人医師がいなくて

昔から貧乏暮らしで

おまけに

脳腫瘍の手術をしたばかりの

弱った母の立場はどうなる???

 

なんとかその場しのぎでも

長子としての「母」

メンツを立てなければ!!!

 

ということで

一気にテンションが上がった私は

 

青山駅を降りてすぐのユニバースで

 

上記↑の青森の水を4本と

(本当は龍泉洞の水が良かったが無かった)

その他モロモロを買い込み

ヨロヨロしながらやっとのことで

家にたどり着いた…

 

そして

あんまり買い出し荷物が重いので

体重計を引っ張り出して

測ってみた…

 

なんと8キログラムもあった!

 

人生最重量の買い出し!!!

 

と思ったが

 

前夜

強い睡眠導入剤で寝ぼけて転び

どこぞでびしょびしょになった母の

パジャマや洗濯物の重さもあったのでした

 

ちょっとズレましたがm(_ _)m

 

よく考えたら

せっかくステキな「盛岡」にいるので

ご当地づくりのイロイロを詰め合わせ

(自分では買えない高級蜂蜜や羊羹やetc.)

そんな(私が)愉しい袋を4つ作った

 

なぜお見舞い客が3人なのに4つ???と

不思議がられる方もおいでかと思いますが

 

母は

昔からからずーーーーーっと変わらず

欲張りで(私も最近似てきた)

 

私が

他の人に何かを差し上げると

しばらくの間

恨めしそうにしているので

いつもお土産は同じものを4つ

 

とにかく

翌日の病院通いも荷物が多く

ずっしり…

 

「岩手モノ」詰め合わせお土産4袋は

袋を二重にしてくれるほど重く


f:id:hitorinekotabi:20180902101431j:image

 

洗濯・乾燥した華やかなバスタオルetc.


f:id:hitorinekotabi:20180902100133j:image

 

私が持っている中でも

母に似合いそうな

↓高級(といっても2万円)ブラウス2枚や


f:id:hitorinekotabi:20180902100619j:image

 

なにやかにやを

こんな↓エコバッグに詰めたりして


f:id:hitorinekotabi:20180902100506j:image

 

結局

日頃はビニールバッグ1つの

身軽な旅猫😾私は

4つもの荷物を抱えてひいこら移動した

 

(於  仙台駅)
f:id:hitorinekotabi:20180902100850j:image

 

さらにさらに助かったというか

大いに迷惑というか

母の病気を耳にした茶色い犬🐶さんが

こんなアレンジメントまでくださった

(実は、貰ったものを横流しと言っていた)


f:id:hitorinekotabi:20180902101722j:image

 

おかげさまで

昨日

電話で本人から聞いたトコロによると

母は

華やかなアレンジメントをバックに

私が(あくまでも)貸しておいた

↓このブラウスを着て

薄いシルバー色のスラックスをはき

お化粧までして妹弟達と面会したらしい


f:id:hitorinekotabi:20180902102202j:image

 

さすがだ…

 

と私は感服した

 

この人(母)は

私より長生きをするかもしれない

と思った

 

ちなみに母は

口紅までしっかり塗っていて

(主治医の)弟を驚かせたらしい

 

恐るべし母の見栄っ張り!!!

 

昨日現在

とりあえず

毎日電話している私の

不安や心配をよそに

 

まだまだよちよち歩きで

薬をたっぷり持たされて

退院させられてしまった母は

 

明るく元気そうな(実態はわからない)声で

ちょっとほっとしています

 

そして

今日は

やぼ用で

例の水を1本持ち

また東北新幹線に乗っています


f:id:hitorinekotabi:20180902104234j:image